翻訳みちくさ日記~英語の仕事も子育ても

一人前の実務翻訳者になれる日を目指して、浮いたり沈んだり、私の毎日を綴ります。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

My syster's wedding

なんだかんだと怒涛のように行事が続き、すっかり更新が遅くなってしまいましたが、
先週妹の結婚式がありました!

私の1歳下ですから決して若い花嫁ではないのですが(笑)、
高校の同級生同士の結婚ということもあり、とても楽しい披露宴となりました。
集まってくれた友達も大半が同級生。私も実家でよく見た妹のお友達がすっかり大人になってて、「あの人がこんな風に!!」なんて感じで楽しかったです。

最後に両親への花束贈呈、それに花嫁からの手紙を読むというお決まりの演出がありました。普段あまり自分の気持ちを口にしない妹が家族への感謝を伝える手紙を読み、みんな感極まっているところでうちの次男が「おかあさん、おしっこ」。

ええー!今いいとこだからもう少し待ってくれない???

といって待ってくれるわけもなく。

感動のシーンを最後まで見ることなく、私と次男はトイレに向かったのでした(涙)
でも、これもいい思い出、と思うことにします

私はこの結婚式に母の黒の留袖を借りて出席しました。
本当は別な着物のつもりでいたのですが、私は既婚の親族だし(しかも姉)、
黒の留袖が正式だろう、ということになりまして。

母も、幼い私と妹を連れて自分の妹たちの結婚式に出たときに着た着物です。30年近く経って、今度は私が子供を連れて着ることになったと思うと、何だか不思議な感じでした。母はこの留袖を私にくれるんだそうです。

披露宴の席でふと思いました。
『この留袖を私が次に着るのは、隣に座っているこの小さな息子たちの結婚式なんだろうな』と。

こうして私も、自分の息子の結婚式に出る日が来るのだろうか。
それとも、こんな披露宴はやらないのかな。
それとも、結婚しないかな。

まだまだ先のことでしょうけど、何となくさみしい。
たんすを開けてまたこの留袖を見たら、いつかあるかもしれない将来の結婚式を思ってまた寂しくなりそうです。
でもそんな日が来るまで、大切に大切にしまっておきます。








スポンサーサイト

Comment

おめでとうございます♪ 

おめでとうございまーすe-230素敵な思い出になりましたね。
そういえば私も姉の結婚式の時、肝心のところでハナコ(当時1歳くらい?)が「おっぱい~」と泣き出して、誓いの言葉などを聞けなかったのを思い出しました。ホント「今だけは勘弁してよ」と言いたくなりますよね(笑)
留袖のお話、素敵ですね。お母さんも感慨深いものがあったでしょうね。
  • posted by ミント 
  • URL 
  • 2008.01/17 14:42分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

妹さんのご結婚おめでとうございます!v-434

子供を結婚式に連れて行くのは大変ですよね。私が数年前帰国したとき、偶然いとこの結婚式と重なって、出席することになったのですが、娘は披露宴の大事な場面ではぐっすり寝ていました(笑

ミントさんのおっしゃるとおり、留袖のお話は素敵ですね。着物にももちろんトレンドがあるんでしょうが、代々引き継がれてきたものでも古さを感じさせないところがいいですよね。お母さんも、うれしさと寂しさが混じった複雑な思いだったのでは。
  • posted by texmama 
  • URL 
  • 2008.01/17 23:20分 
  • [Edit]
  • [Res]

おめでとうございます 

おめでとうございますv-314
お姉さんとしては、感慨深いものになったのではないでしょうか?

私も子連れで結婚式に行った事があります。当時次男がまだ1歳4ヶ月だったので、愚図らないかということと、ミントさん同様「おっぱい~」と騒ぎ出さないかだけが心配でした。

みなさん書かれていますが、留袖のお話素敵ですね。お母さんもうれしかったでしょうね。代々受け継がれていくものって、本当に良いですね。
  • posted by Juliet 
  • URL 
  • 2008.01/18 00:28分 
  • [Edit]
  • [Res]

:ミントさま 

ありがとうございます!
やっぱり、小さな子供を連れての結婚式は何があるか分からないものですね~。^^もうぐずる年じゃないし大丈夫か、と安心していたのですが^_^;

ちなみに、結婚式を取り仕切る牧師さん(でいいのでしょうか?)っていろんな方がいますよね。今回の牧師さんは芝居がかった感じの言い回しとリアクションが面白く、印象的でした(笑)
  • posted by mistletoes 
  • URL 
  • 2008.01/18 12:13分 
  • [Edit]
  • [Res]

:texmamaさま 

お言葉ありがとうございます!

妹は実家で両親と同居していたので、今回の結婚で母は相当さびしくなるだろうと思います。親としては早く結婚して欲しい反面、家にいて欲しい気持ちもありますよね。私は妹と家が近くなるので楽しみです♪

子連れの結婚式は大変な部分もありますが、うちは家族全員が揃ってきれいな格好することがないので(笑)、みんなで写真取ったりして楽しかったです^^
  • posted by mistletoes 
  • URL 
  • 2008.01/18 12:24分 
  • [Edit]
  • [Res]

:Julietさま 

お言葉ありがとうございます!
妹も結婚して家庭を持つのかと思うと感慨深いものがありますね。もういい年なんですけど(笑)。
うちの子供たちにとっても、気軽に行けるおばさんの家(そしてもう少ししたらいとこの家)ができたことはとてもうれしいです。

母から譲り受ける着物は古いものですから、柄も古いんですが、家族みんなの節目の思い出が詰まっていると思うと大事にしなくちゃ、という気になります^^
  • posted by mistletoes 
  • URL 
  • 2008.01/18 12:30分 
  • [Edit]
  • [Res]

おめでとうございます! 

私も妹の結婚式のときには、半ば親のような気持ちで
とても感慨深く、うれしくて淋しくてとにかく号泣していた記憶があります(苦笑)
自分のときとはまた違った感慨なんですよね。

お子様の晴れの日、mistletoesさんならきっと、
たくさんの感謝の言葉と、思い出に残るすてきな場面の数々を体験できそうな気がしています。

今のこの一緒に過ごす時間が、なんだかいつも以上に大切に思えてきますね。
  • posted by kerori 
  • URL 
  • 2008.01/21 14:55分 
  • [Edit]
  • [Res]

:keroriさま 

コメントありがとうございました!
keroriさんも妹さんの結婚式を経験されているのですね。うちは1歳しか離れていないのですが、「半ば親のような気持ち」になりました。実はもうお腹に赤ちゃんがいるのですが、多分、孫気分でかわいがると思います^^;

こういう特別な場面で、子供と過ごす毎日の大切さに気付かされます。今は普通に感じる日々も、いつかはかけがえのない思い出になるんですね…(しみじみ。。)
  • posted by mistletoes 
  • URL 
  • 2008.01/23 02:09分 
  • [Edit]
  • [Res]

偶然にも! 

なんと!偶然ですね。私の妹もただ今妊婦なのです。
まもなくママになる妹に、またも感慨を覚える姉でした。
  • posted by kerori 
  • URL 
  • 2008.01/23 23:27分 
  • [Edit]
  • [Res]

:keroriさま 

keroriさんの妹さんもママに!!

無事に元気な赤ちゃんが生まれることをお祈りしています。
自分の子供とは違うかわいさがあるでしょうね~^^
楽しみですねv-238
  • posted by mistletoes 
  • URL 
  • 2008.01/25 12:51分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

きのめ

Author:きのめ
独身時代に社内翻訳を経験。
二人の子供が生まれてから、在宅で翻訳者になる道をちょっとずつ進んできました。

現在小学5年の長男、小学3年の次男の母親業も、いつになったら一人前になれるのか。。。

最近の記事

Tree-Arcive

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。