翻訳みちくさ日記~英語の仕事も子育ても

一人前の実務翻訳者になれる日を目指して、浮いたり沈んだり、私の毎日を綴ります。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

銭湯はいつまで?

今日は息子たちを連れて銭湯に行きました。

390円の銭湯だけど、天然温泉なのでお得♪
さらに今週はこども料金無料だったんです。

私一人で連れて行ったので、当然子供たちは女湯に。

でも、男の子って何歳まで女湯に入っていいんだろう?

うちの子は5歳と3歳です。
3歳の方はまだかわいげもあって大丈夫のような気がしますが、
上の5歳の方はもうしっかりとしたこどもに出来上がっている感があり(笑)、もうぎりぎりかな、と思っちゃいました。

若い女の人とか、やっぱり気になるだろうなあ。
もうだめかなあ。

息子がまだよちよち歩きの頃、田舎の日帰り温泉の脱衣所で、
フィリピン人と思われる女性と一緒になりました。
お姑さんと娘さんを連れていて、多分その近くにお嫁に来た方なんだと思います。

その方はまだ1歳くらいのうちの子を見て、「恥ずかしい」と言ってお風呂に入れなくなっちゃって。
私たちはちょうど出るところだったのでよかったんですけど、
まだ1歳でも男の子。外国の方には抵抗あるんでしょうねー。

そういえば、以前仕事を一緒にしたイギリス人(男)は何でもためらうことなく挑戦していて、あるときみんなで健康センターに行くことになりました。

そこには、効くといわれている薬湯がありました。
つかると、皮膚の弱い部分に薬湯がしみて痛くなると言われてて、私はちょっと怖くて入れないんですけど、彼は当然きっちり入ったらしいんです。

後で合流してどうだったか聞くと「testicle」が痛かったと感想を漏らしていました(笑)
その時はじめて聞いたその単語、しっかり学習しましたよ(笑)
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

きのめ

Author:きのめ
独身時代に社内翻訳を経験。
二人の子供が生まれてから、在宅で翻訳者になる道をちょっとずつ進んできました。

現在小学5年の長男、小学3年の次男の母親業も、いつになったら一人前になれるのか。。。

最近の記事

Tree-Arcive

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。