翻訳みちくさ日記~英語の仕事も子育ても

一人前の実務翻訳者になれる日を目指して、浮いたり沈んだり、私の毎日を綴ります。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日は預かり保育へ

現在、まとまった仕事を頂いて作業中です。

今回、前回とはじめて分納という提出方法になりました。
前回は私としてはかなり余裕のある納期だったので、
前倒しで提出できるくらいだったのですが、今回はそうはいきません。
最初に思っていたよりも量が多い気がする…。

そして今回は、分納と言ってもどこまで提出、というのが決まっておらず、できた分だけ中間で出してくださいというものです。
他の訳者さんとの用語などの兼ね合いもあるのだと思いますが、
作業の遅い私としては、できた分だけっていうのはプレッシャーです。

それにしても、こんなに翻訳ばっかりやってるのははじめて。
今日は幼稚園がいつもより1時間早く降園の予定だったので、
そのまま園の預かり保育にお願いすることにしました。
プラスの料金はかかりますが30分150円の課金制で子供たちを預かってくれます(プラス100円でおやつが出してもらえます)。翻訳のために子供たちを預けるのはこれが2回目。
仕事といえども、私が家にいるので、子供たちを預かり保育に入れるのに抵抗がありました。
でも、子供たちと関われるわけではないし(どちらかというとぴりぴりして怒っちゃう可能性大)、幼稚園なら広い体育館、先生&お友達とあそべるし、お金はかかるけど割り切って預ける方がお互いにいいかな、と。

うちはすぐそばに義母がいるので、こどもたちを見てもらうことも結構ありますし、子供たちだけでお友達のところで遊ばせてもらうこともあります。このようにいくつかの選択肢があるということが自分の心の余裕にもなっている気がします。預かり保育しかない、義母に預けるしかない、だときついかもしれません。
それぞれの選択肢が、親の私にとっても、子供たちにとっても、一長一短だと思うので、うまく使って(というかお願いして)これからも仕事と子育ての両方とうまくお付き合いしていきたいですね。


スポンサーサイト

Comment

 

家でつまらなくしていたり、親子げんかするよりも、どこかに預けて同じ年頃の子たちと遊ばせるほうがいい場合もありますよね。私も娘が生まれる前は、幼稚園までは家に置いておこうと思ったのですが、付き合ってやるのが思ったより大変だったので、やっぱり預けました。うちは近所に預かってくれる親戚がいないので・・・ こちらでは主に教会が週2~3日、1日4~5時間の割合で未就園児を預かる「mother's day out」というプログラムを提供しています。これのおかげで大分助かりました。地域にもよりますが、幼稚園は終日(朝8時~午後3時)なので、入園後は楽になります。ベビーシッターは探すのが大変なので、今までお願いしたことはありませんが、そろそろ探そうかな、と思っています。
  • posted by texmama 
  • URL 
  • 2007.10/17 22:53分 
  • [Edit]
  • [Res]

:texmamaさま 

仕事をしていなかったとしても、病院の通院やら、美容院やら、小さい子供を親の用事に付き合わせるのがかわいそうなことがありますし、親だって一人の時間がうれしいこともありますよね(私はそうでした)。
「mother's day out」というのはとても良いプログラムですね!
それに、幼稚園の保育時間も長いですね~!こどもたちはたっぷり遊べるでしょうねv-439日本よりずっとのびのび遊べているのでは?と想像しています^^
ベビーシッターさんは子供の送迎とかをしてくれるのでしょうか。お子さんの成長とともに必要なサポートも変わっていくのですね。
  • posted by mistletoes 
  • URL 
  • 2007.10/18 09:45分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

こんにちは!預かり保育でお仕事なんてかっこいいですね!
私も幼稚園に入ったらぜひ利用したいなぁ~と思っているところです。
仕事の納期になるとビデオ見せっぱなしになっちゃったりするので
よくないなぁと思っているのですが今のところ預ける先がありません。。
北海道はもうすっかり寒いのでしょうね。
お体に気をつけて作業なさってくださいね。
  • posted by なおみん 
  • URL 
  • 2007.10/21 18:14分 
  • [Edit]
  • [Res]

:なおみんさま 

なおみんさん、こんにちわ!

子供たちはたまの預かり保育をとても楽しみにしているので、
こちらもあまり罪悪感を感じないのですが、
やりなれないこと(翻訳のために子供を預かってもらう)をするので、
何だか変な感じです(笑)
でも、こういう選択肢が選べるというのはありがたいものです。
お子さんが幼稚園に入園されたら、なおみんさんにとっても心強い味方となってくれると思います。

だんだん寒くなりますね。
なおみんさんも、お体には気をつけて下さいね~!
  • posted by mistletoes 
  • URL 
  • 2007.10/21 22:41分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

きのめ

Author:きのめ
独身時代に社内翻訳を経験。
二人の子供が生まれてから、在宅で翻訳者になる道をちょっとずつ進んできました。

現在小学5年の長男、小学3年の次男の母親業も、いつになったら一人前になれるのか。。。

最近の記事

Tree-Arcive

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。