翻訳みちくさ日記~英語の仕事も子育ても

一人前の実務翻訳者になれる日を目指して、浮いたり沈んだり、私の毎日を綴ります。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トライアルの後

前回の続きです。
なぜか幸運にも、2年前に初めて受けたトライアルに受かってしまいました。何がよかったのかは、私にも分かりません。。
しかも、合格した2社のうち1社は、日→英翻訳者としての登録ということでした。
なんで??

トライアルに受かったので、これで私も家で仕事ができるんだ!と
希望に燃えました。どんな仕事が来るのかな、とか、どのくらいお金がもらえるんだろう、とかぼや~っと考えましたが、そんなに甘くはありませんでした。

私を日→英翻訳で登録してくれたA社からは、合格後すぐに何件かのお仕事を頂きました。
扱ったことのない分野もありましたので、原稿をもらう度に本屋さんに行き、関連の本を買うような状態でした。

提出した原稿は、ネイティブのチェックを受けてコメントが戻ってくることもあったのですが、もらうコメントといえば「調査が足りない」。
自分では調べてるつもりでいたのですが、私が本屋に行って調達した本に書いてあった言葉とは別の言葉が原稿では使用されていることもありました。
言葉遣いにはいろいろあり、ひとつ調べたからいいということにはならないんですね。もちろん、単純に私の調べ方が足りないものもありました。

原因のひとつは、作業時間がかかりすぎなんだと思います。
もっと短時間で翻訳したり、調査したりできたら、同じ納期で密度の濃いものが出せますもんね。

そんなこんなで、何件かお仕事を頂いて以降、もうさっぱりお仕事をもらうことがなくなってしまいました

もう1社の方(B社)は、登録してもらってから1年くらい経って、突然依頼の電話をもらいました。それまで音沙汰なかったので、びっくりです。3月頃、年度末で、翻訳業界はとにかく忙しい次期と聞きました。それで手が足りなくて、私にまでお仕事が回ってきたのでしょう。
和訳でしたが、ぜいぜい言いながら提出にこぎつけた感じでした。
そのお仕事の最中に、同じB社から「英訳もあるんですけどどうですか?」と打診の電話がありました。
でも、私はA社のときに英訳で相当苦労した記憶があったので、「英訳はちょっと…」と口を濁してしまったんです。相手は即座に「あ、そうですか。わかりました。」と電話を切りました。
それ以来、B社からも連絡はもらっていません。
もし私の出した和訳がとっても良い出来だったら、「またお願いします」になったかもしれません。
でも、そうなっていないことが何よりの評価だと私は思っています。

トライアルの後の一連の出来事を経験して、
トライアルに受かったからといって、私に実力があるわけじゃないんだ、ということを痛感したし、逆に、やれる自信がないなら、トライアルを受けてもダメだ、と思いました。
最初は、力試し的な気持ちがあったんですね。今思えば。
でも、それは間違ってたと思います。

それと、社内の翻訳とフリーの翻訳は全く違うんだということを身をもって知りました。

社内翻訳は、社内の人しか見ないし、上には上司がいるし。
でも、フリーでやるときは一人ぼっちで、自分の責任で自分の翻訳を人様に出すんですよね。当たり前ですけど、その厳しさを甘く見ていた気がします。




スポンサーサイト

Comment

大変な世界 

前回、今回と、とても興味深く読ませていただきました。
やはり翻訳の世界は甘くないですね。
でも、過去のトライアル後の状況を謙虚に受け止め
分析した結果が、今のお仕事への取り組みにつながって
いるのでしょうね。

これからも頑張って下さい。陰ながら応援してます!
  • posted by Juliet 
  • URL 
  • 2007.10/05 23:08分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

私の場合、初めてトライアルに受かった会社が、コンピュータ関連の翻訳を中心に行っている会社で、得意分野ではなかったので、2-3仕事をもらった後、連絡が途絶えてしまいました。私の当時の翻訳もきっと稚拙なものだったのでしょう。もし素晴らしい出来だったら、まだ取引関係が続いていたかも。私も甘く見ていましたね^^;

調べものに関しては、私の場合、日本語の本が手に入らないので、グーグルに頼りまくりです。グーグルなしに翻訳するなんて考えられません。貿易や契約書翻訳に関する日本語の本はいくつか持っていますが。また、「定訳」を見つけるのも大変ですよね、特にもらう原稿が得意分野でない場合は。私もいつも苦労していますv-406

仕事を獲得するなら、翻訳者協会に入会してはいかがでしょう。アメリアも役に立つのではないでしょうか。私は大胆にも、最初の仕事をもらう前にATA(全米翻訳者協会)と地元の翻訳・通訳者協会に入会してしまいました。入会資格は別になかったので。入会者名簿を見て連絡してくる翻訳会社もけっこういます。
  • posted by texmama 
  • URL 
  • 2007.10/06 07:16分 
  • [Edit]
  • [Res]

:Julietさま 

温かいコメントをありがとうございます!
「安定して仕事を獲得する」というのは
私には一段上の目標です…。
今はトライアルに挑戦するよりも、もう少し勉強したいと思っています。
応援ありがとうございます。
私もJulietさんのいつも謙虚に勉強に向かう姿勢を見習って
地道にやっていこうと思いますv-410
  • posted by mistletoes 
  • URL 
  • 2007.10/06 17:28分 
  • [Edit]
  • [Res]

:texmamaさま 

texmamaさんでも、うまく行かないこともおありだったのですね。
でも、そこからの努力が今のお仕事に繋がっているのだと思います。
私くらいのレベルならつまづいて当たり前ですね^^;

調べものはもっとうまくなりたいですね。
パソコンのことなど、周辺知識があればもっと効率よくやれるんでしょうね~。
そういう方面の勉強も必要かも…。
アメリアの入会はここのところずっと考えています。
でも、このトライアルの一件のように、実力がないまま入会しても、
結局連絡が途絶えることになるのではないかという不安がよぎり、
もう少し勉強してからにしようかと思案中です。
でも、いつかはまた、一歩踏み出そうと思います!
  • posted by mistletoes 
  • URL 
  • 2007.10/06 17:44分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

きのめ

Author:きのめ
独身時代に社内翻訳を経験。
二人の子供が生まれてから、在宅で翻訳者になる道をちょっとずつ進んできました。

現在小学5年の長男、小学3年の次男の母親業も、いつになったら一人前になれるのか。。。

最近の記事

Tree-Arcive

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。