翻訳みちくさ日記~英語の仕事も子育ても

一人前の実務翻訳者になれる日を目指して、浮いたり沈んだり、私の毎日を綴ります。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

飛び出し注意!

子供たちが待っていた本が届きました。

こちらです。

Encyclopedia Prehistorica: Mega Beasts (Sabuda Encyclopedias) Encyclopedia Prehistorica: Mega Beasts (Sabuda Encyclopedias)
Robert Sabuda、Matthew Reinhart 他 (2007/04/02)
Candlewick Pr

この商品の詳細を見る


サーベルタイガーや、マンモスのような、古代の動物たちの飛び出す絵本です。
さすがサブダ、と言わんばかりの飛び出しっぷりに、子供たちも喜んでます。

同じくこちらのシリーズのこちらも持っています。

Encyclopedia Prehistorica : Sharks and Other Sea Monsters Encyclopedia Prehistorica : Sharks and Other Sea Monsters
Robert Sabuda、Matthew Reinhart 他 (2006/04)
Candlewick Pr

この商品の詳細を見る


「海の生き物編」は偶然アマゾンのバーゲンで見つけて、1000円くらいだったんですよ。
すぐ買いました。
「動物編」の方も安くならないかなあ、と思っていたら、やっぱり1000円くらいになりまして、買いました。

NHK教育テレビで水曜夜に時々放送していた「プレヒストリックパーク」をご存知でしょうか。
うちの子供たちはあれが大好きで、今回買った「動物編」は「プレ…」で見ていた動物たちと重なるので、さらに喜んでいます。

主人公の動物博士(?)ナイジェルが、古代にタイムスリップしてその時代の動物たちを現代のプレヒストリックパークに連れ帰る、というストーリーで、ドキュメンタリーか?と思いたくなるような作りです。

こどもたちには、「これは本当じゃないんだよ」と言い聞かせたりして…^^;ほんとに、ほんとみたいなんですもん。

今回の飛び出す絵本の中に化石を持った男の人が出てくるのですが、
「これはナイジェルだね」とちび二人で小声で確かめあっています。

私は私で、こんな絵本を与えても壊さないでいられるくらい、こどもたちも大きくなってきたのかな?と思ったりしています^^
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

きのめ

Author:きのめ
独身時代に社内翻訳を経験。
二人の子供が生まれてから、在宅で翻訳者になる道をちょっとずつ進んできました。

現在小学5年の長男、小学3年の次男の母親業も、いつになったら一人前になれるのか。。。

最近の記事

Tree-Arcive

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。