翻訳みちくさ日記~英語の仕事も子育ても

一人前の実務翻訳者になれる日を目指して、浮いたり沈んだり、私の毎日を綴ります。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日は復習!

って何を復習かと言いますと、「ハリー・ポッター」シリーズです^^;

いよいよ明日、最終章(英語版)が発売になりますね。
私もこれまでずっと読んできたので、最終章もアマゾンに予約してしまいました。明日届きます。

最初の2冊は翻訳版を読んだのですが、3冊目以降はUK版で読んでいます。
でも、登場人物が増え、ストーリーも複雑になり、読みながらしょっちゅう「あれ?これどこで出てきた話だっけ??」って思うんですよね。

ということで、今日はちらっとでも話を思い出すべく、これまでのところを見返してみようと思います。

最初に英語版を読んだときに「お!」と思ったのは、
ハリーが飼っているヘドウィグというフクロウがメスだったことでした。
もしかしたら翻訳版でも性別は紹介されてたのかもしれないですけど、英語版では一目瞭然です。
そうです。ヘドウィグは「She」だからなんです。
大学を卒業して以来、英語で読書をすることなんてなかったので、こんな小さなことにも原書で読む面白さを感じて、それからはハリー・ポッターだけでも、英語で読むことにしました。

実は読み始めたばかりの洋書がもう1冊あったのですが、ハリーの行く末を見届けるまで、そっちは読めそうにありません…^^。
スポンサーサイト

Comment

楽しみですね。 

こんにちは。楽しみですよね~。私もアマゾンにUK版を頼みました。私も最初は必ずUK版で読みます。US版はまだ読んだことがないのですが・・・。それにしても本当に彼女は文章が上手ですよね。私は日本語訳が出れば、そちらも読みますよ。言葉遊びや授業の名前など、「なんて訳すんだろう~???」という語が結構多いので、面白いです。
すぐにでも読みたいのですが目先の仕事をこなすのが先になりそうで、読むのは月末からかな。夏休みですしねー。
  • posted by ミント 
  • URL 
  • 2007.07/21 00:49分 
  • [Edit]
  • [Res]

私もUK版! 

最初の4巻はダンナのお母さんが贈ってくれたUS版を持っていますが、5巻めからはアマゾンUKで買ってます。アマゾンジャパンでUK版買えるんですか?あした届くなんていいですね。大人版と子ども版があるの知ってます?言葉遣いとかに違いがあるのかな。ちなみに、数年後に娘に読ませることを考えて子ども版を買いました。お恥ずかしながら、最初読んだときは、Hermioneの発音が分からず、Diagon Alleyなどの言葉遊びにも気づきませんでした^^; 

まだ日本語版は読んだことがないんですよ。日本語版は第1巻だけ持っていて、実はこれを使って出版翻訳を独学しようという、大胆不敵なことを考えています。でも、いつになったらそんな時間ができるやら・・・

翻訳といえば、各国のハリポタの訳者さんたちって、発売前に原書を読むことができないと聞きました。発売されてから、6ヶ月くらいで翻訳を仕上げなければならないそうです。私なんて、読むだけで6ヶ月以上かかるのに(笑

ところで、アマゾンUKからのEメールを見て気づいたんですが、「郵送」って、米語ではshipですが、英語ではdispatchというんですね。また、「送料」は米語ではshipping & handling feeなどといいますが、英語ではdelivery chargeになっていて、面白いなぁと思いました。届くまで1週間くらいかかるから、待ち遠しい!
  • posted by texmama 
  • URL 
  • 2007.07/21 06:25分 
  • [Edit]
  • [Res]

:ミントさま 

今日の午前中にブツは届きましたが、子供のお友達の家に遊びに行ったりして、まだ2、3ページしか読んでません。。。

私は日本語版は読まないのですが、読んでいる友人に気になるところを色々聞いて「なるほど…」と思っています^^

作者のJ.K.ローリングの文章の運びはとても心地よいですね。
1年の時間が空いてるんですが、ページを開くと、すぐにあの世界がよみがえって長いストーリーにハマっちゃいます。
でも、今回も長くかかりそうですv-356
  • posted by mistletoes 
  • URL 
  • 2007.07/22 00:03分 
  • [Edit]
  • [Res]

:texmamaさま 

今日午前中に届いたアマゾンの箱には「午前8時1分以降配達」と書いてありました。アメリカの発売時間に合わせたと聞いています。

US版とUK版では表紙も違うんですね!
日本での発売の様子を映した写真入の記事を見たら違う表紙なので「あれ?」と思ったらUS版でした。
UKの子供版と大人版は、「大人も熱中して読んでいるハリー・ポッターだけど、大の大人が子供っぽい表紙の本を持ち歩いてたら恥ずかしいから大人用の表紙違いバージョンが出た」、と聞いたことがあります。内容は同じようですよ。

私、texmamaさんのご指摘があるまで、Diagon Alleyの言葉遊びに全然気付きませんでした~!!
「Diagon」なので、斜め横丁、くらいの気持ちで読んでいたのですが、
「Diagonally(対角線に)」とかけてあったんですね!
いやいや、勉強になりました。
こんな調子で、いくつも見逃している面白いところあるんだろうなあ…。

独学で出版翻訳を学ばれるのは大変かもしれませんが、題材としては面白いですし、とてもよい勉強になりそうに思います。
(しかし訳者さんも事前に読めないとは驚きです)
翻訳の題材としてハリポタを読める日が来るのが楽しみですね!

ちなみに私は、アメリカの会社と物流関係の仕事をしばらくしていたことがあります。出荷業務全体のことを言うときはshipmentを使って、トラックが配送センターから出発するような、本当に荷物が出払うときのことをdispatchと言ってたことを思い出しました^^
  • posted by mistletoes 
  • URL 
  • 2007.07/22 00:28分 
  • [Edit]
  • [Res]

本届きました! 

今日(月曜日)イギリスから届きました! さっそく開きたいのはやまやまなんですが、仕事があるからしばらくは読めないなぁ。でも早く読みたい!v-398
  • posted by texmama 
  • URL 
  • 2007.07/31 03:35分 
  • [Edit]
  • [Res]

:texmamaさま 

私も忙しくてぜんぜん本に触れていないんです・・・v-390
せっかく発売日に届いてるのに。ああ。
やっぱり、まとまった時間で一気に読みたいですよね。
  • posted by mistletoes 
  • URL 
  • 2007.07/31 21:42分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

きのめ

Author:きのめ
独身時代に社内翻訳を経験。
二人の子供が生まれてから、在宅で翻訳者になる道をちょっとずつ進んできました。

現在小学5年の長男、小学3年の次男の母親業も、いつになったら一人前になれるのか。。。

最近の記事

Tree-Arcive

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。