翻訳みちくさ日記~英語の仕事も子育ても

一人前の実務翻訳者になれる日を目指して、浮いたり沈んだり、私の毎日を綴ります。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まだまだです

現在翻訳者として登録している会社は4社ですが、
実際に仕事をくれるのは、今は2社だけ。
仕事量もわずかなので、収入は微々たるものです…(笑)

ちまたの情報によると、
翻訳会社に登録される確率は1割以下とか、1~2%とか、
かなり低いようです。

2年前、在宅で翻訳をやってみようと思ったときは
そんなことをよく知りもせず、
無謀にもトライアルを受けたのでした。
社内翻訳の経験があって応募条件の経験年数(3年以上)が足りていた事、
TOEICの点数もとりあえず足りていた事で
受けてもいいんだ、と思ったのですが、
やはり、それだけでは務まらないことがたくさんあります。

実際に仕事を頂いてみて、
社内翻訳とは比べものにならない大変さがあることを実感しました。。

私みたいな駆け出しは仕事をもらうのですら難しいのに、
安定した収入を得るのは本当に大変です。

実力が伴っていないのだから、これが現実だと思います。
この辺できちんと技術を身につけなければなりません。

2社のうち1社は、もう1年くらいのお付き合いになります。
同じような内容の仕事を継続して受けているので、
だんだん慣れてきました。
自分の納得行く出来にはならないんですけど、
調査の手間は圧倒的に省けてきましたね。

もう1社はこないだトライアルに合格したばかり。
はじめての仕事を頂いて現在作業中です。
こちらからのトライアル結果には、
「日本語の表現力にもう一工夫ほしい」という
コメントがついていました。

ほんとに、その通りです。。
翻訳をやればやるほど、
自分の日本語力のつたなさに気付くんです。

結局、日本語力なんです。
最近、日本語の壁にぶち当たっていて、
これは単純に実践を積むだけでは解消されない問題だという思いを
強くしています。
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

きのめ

Author:きのめ
独身時代に社内翻訳を経験。
二人の子供が生まれてから、在宅で翻訳者になる道をちょっとずつ進んできました。

現在小学5年の長男、小学3年の次男の母親業も、いつになったら一人前になれるのか。。。

最近の記事

Tree-Arcive

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。