翻訳みちくさ日記~英語の仕事も子育ても

一人前の実務翻訳者になれる日を目指して、浮いたり沈んだり、私の毎日を綴ります。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

state of the art

連休中ですが、皆さんはいかがお過ごしでしょう。
今年は私の住むあたりではとてもお天気がよくて、ここまでのところは気持ちのいい連休です。

そんな中、仕事もちょこっとやらなくてはなりません。
原稿の中に、「state of the art resources」という言葉が出てきました。
state of the art」とは、辞書によると「最先端の、最新の」という意味です。

私が会社勤めをしていた頃のこと。私が翻訳を担当することになって間もなく、外国の相手先から来たFAX(当時は文書がメールじゃなくてFAXで来ることも多かった)にこの言葉が書かれていました。
自分なりに調べてみたけれど、文章のつながりもさっぱり理解できない、もちろん意味も分からない。どうしようもなくて、上司に聞いたところ、すぐに答えが返ってきて、「なるほど~…」と思った記憶があります。後で辞書で調べたら見つかりましたが、「state of the art」でひとかたまりとは全然思わなかったんですよね。

たまーに見かける言葉ですが、学校の勉強の延長だった英語が、仕事として意識されはじめた頃のことで、よく覚えています。

これとは違いますが、英語から新しい言葉を知ることもありますよね。
私の記憶に残っているもので一番メジャーと思われるのが、「IT」。
最初に英語の文書で見たときには、恥ずかしながら「何じゃ?」と思いました。それでこっそり相手先の会社の人に「コンピュータとかのことだ」というようなお答えを頂いたような気がします。
それから何年かして、日本でも「IT」という言葉が普通に使われるようになりました。言葉が広まるのってあっという間なんだという事を実感しましたね。

普段新聞などで世の中のことを知るように、英語でも世の中の事を知っておくことは大事だと思います。海外誌とか、海外ニュースとか、見れば面白くて引っかかるところそれなりにありますよね。わかんなくて引っかかるところもたくさんありますが…^_^;

あーあ、こうやって考えていくと、できもしないのに風呂敷だけがどんどん広がってしまいます…
スポンサーサイト

Comment

翻訳の難しさ。 

一人で気軽に英文を読むのとは違って、仕事としての翻訳をこなす…
とても難しい事ですね。
特に、仕事として回ってくるものは、必ずしも自分の得意分野ではない
ことが多いでしょうから、未知の専門用語に悩む事もあると思います。

更にそれが日本ではまだ知られていない、馴染みの無い言葉だったりすると
翻訳者のご苦労は察して余りあります…
それでも、あえてその苦労を乗り越えてくれる人がいるから
外国語の出来ない人でも色々な事を知る事が出来るんですよねv
とても素敵なお仕事です^^

色々な情報に常に興味を広げていくことは、翻訳者としては大切な事です。
でも今はまだ時間のやりくりが大変だと思いますが、
子供達はあっという間に手を離れてしまい、小さな手は二度と戻りません。
うちはまだ下の息子が一緒に歩く時に手を繋ぎたがってくれますが、
それももうここ1年もつかどうか、という感じになってしまいました;;

今出来る範囲で精一杯頑張っていらっしゃるのですから、焦らなくても大丈夫です。
今のところは大風呂敷をど~んと広げて、近い将来、子供達が離れた時に
何から手をつけようか…情報のコレクションを貯めておくのも
楽しみではないでしょうか^^
  • posted by 銀猫 
  • URL 
  • 2007.04/30 20:36分 
  • [Edit]
  • [Res]

:銀猫さま 

そんな風に言っていただくと、「そうか、焦らずに今の自分の目に映るものを楽しもう」、と素直に思えます。
そうですよね、出来もしないことを考えていても仕方ない。ならば今出来る事を存分にやらなくては。

私はまだ、翻訳者と言うには恥ずかしいレベルです。いつか自信を持ってそう言える日を夢見て、今はたくさん充電します(^v^)

そもそも、在宅で翻訳の道を目指そうとした理由のひとつは、こどもたちとなるべく一緒にいられる時間が欲しかったからでした。フルタイムで働けば、子供の預け先のことや、その他予想される事態に、こどもよりも自分がストレスを感じて長く続けられない気がしたのです。

大事なところを忘れてはいけないですね。
銀猫さん、本当にありがとうございました。
  • posted by mistletoes 
  • URL 
  • 2007.04/30 22:49分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

翻訳って、本当に日々勉強ですよね。なんとなく知ってる言葉でも文脈に沿った最適な言葉を探したり、知らない専門用語に出会うと、Googleで探し、説明をつい読みふけったり。仕事の内容も、同じジャンルでも同じ内容の文書はまず来ないし。それが苦痛でもあり楽しくもあります。新しいことを覚えるのは楽しいことだと思ってがんばってください。
  • posted by texmama 
  • URL 
  • 2007.05/01 04:52分 
  • [Edit]
  • [Res]

:texmamaさま 

励ましのお言葉をありがとうございます(T_T)
そうなんですよね。知らない分野を調べていくのは大変でもありますが、思わぬ興味が湧いてつい脱線してしまったりして…。
分からないことを調べる作業は地道だけれど楽しくもありますよね。
まだ私は、自信を持って「よし!」と思えることは少ないですが…^_^;
こういう作業を楽しみながら、上手にこなしていきたいものです。
  • posted by mistletoes 
  • URL 
  • 2007.05/02 00:05分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

きのめ

Author:きのめ
独身時代に社内翻訳を経験。
二人の子供が生まれてから、在宅で翻訳者になる道をちょっとずつ進んできました。

現在小学5年の長男、小学3年の次男の母親業も、いつになったら一人前になれるのか。。。

最近の記事

Tree-Arcive

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。