翻訳みちくさ日記~英語の仕事も子育ても

一人前の実務翻訳者になれる日を目指して、浮いたり沈んだり、私の毎日を綴ります。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

修正してください

先日納品した翻訳原稿が翻訳会社さんから戻されてしまいました。

クライアント側から修正するようにと依頼があったとのこと。
はじめての経験です。

今回の原稿の中で区別が必要な助動詞二つの区別があいまいなので、
きっちり区別して統一した用語を使ってほしい、ということでした。

この原稿は複数の訳者が分担して担当していて、
訳者間の訳し方の統一がされていなかったのがひとつと、
私なりに訳し分けていたつもりですが、私が使った日本語は、
クライアントさんとしてはふさわしくないものだったのでした。

そこで、翻訳会社さんはこの原稿の修正を新規のチェック案件として、分担した分もまとめて私に依頼してくれました。

こういうの、初めてのことだったのでいろいろ考えるところがあり、いい経験になりました。

まず、助動詞の使い分け。

実務翻訳をやっていると、契約書、とまではいかなくてもそんな風な文章ではいろんな助動詞が登場します。「must」「shall」「should」「can」「may」…などなど、いろいろ出てくるってことは、そういう使い分けを意図してるわけで、訳す方ももちろん意識しなくてはいけないのですが、今回指摘されてはじめて、翻訳された文章を読んで何か行動するはずのクライアントさんの立場を実感しました。
訳文があいまいだったせいで、間違った意思決定があるかもしれません。
私は、自分の選ぶ言葉ひとつひとつに納得のいく説明ができるだろうか?
自信を持って間違いないと言えるだろうか?
・・・そんなことを考えました。
考えすぎると何も書けなくなってしまいそうですが、とにかく今できる最善のものを出すしかないですよね。

それと、今回はじめて、ほかの人の訳文に手を入れました。

直す部分はその助動詞のところだけだったので、複雑な作業にはならなかったのですが、
ほかの人の訳したものを見たのははじめてだったので、こんな風に訳してるんだなあ、、などなど、勉強になりました。

そして、今回のやり取りで、翻訳会社さんはとっても申し訳なさそうに私に修正を頼んでくれました。

クライアントが納得いくものを納品できなかったのですから、私が悪いと思うんですが、間に入ってくれる翻訳会社さんはたぶん、うまく対応してくれているのだと思います。これまでも、コーディネーターさんたちはとても感じいいんです。翻訳会社さんの中には、私の数少ない経験の中でも、すごく事務的で冷たいとこもありましたから、今後なるべくこちらの会社に迷惑をかけないように頑張ろうと思いました。

そしてもうひとつ。今回の指摘そのものについて。

どんな日本語訳を付けるかはいろんな考え方があるのだと思います。
私も、自分で言うのもなんですが、決して間違った訳を付けたわけではないと思います…(大きな声で言う自信はないんですけど…)。
また、クライアントさんから「こう訳してください」と言われた言葉は、私が受講中の翻訳講座では使わないようにと教わっているものでした。
それでも、クライアントさんの意向に沿うのが当然なのだと思います。

クライアントさんにも申し訳なく、翻訳会社さんにも申し訳なかったと思います。
つい、難しい言い回しや専門用語に気を取られがちですが、たとえば何のことない冠詞の「a」ひとつで大きな間違いを生んでしまうこともあるんですよね。
また間違いをしでかすかもしれないけれど、とにかく注意していくしかないです。

今後につながっていきそうなことをいろいろ考えるきっかけになりましたが、
何よりも、たくさん経験を積んで、もっと上達したい、
これが私の翻訳だ、と言えるようなものを築きたい、と思います。
それまでに、あと何年、いや、あと何十年?かかるのでしょう…?
スポンサーサイト

Comment

統一とチェック。 

台本翻訳などで納期まで3日しかないような急ぎの案件などでは、よく「シェア」で仕事をします。(150ページの台本を半分ずつ、とか3分の1ずつ3人で、とか)そんな時、たいてい(おそらく)一番経験の浅い私がチェックと語句や口調の統一を込みでやることが多いです。
チェックの仕事は勉強になりますよね。なるほどこうやって訳す手もありか、と思ったり、こういうミスは自分も気をつけようと思ったり。
私がチェックをするのは新人だからだと思いますが、チェックの仕事は細かい作業で、緻密性や正確さも求められるので、mistletoesさんが今まで丁寧にお仕事をこなされてきたこともあって、依頼があったのかもしれませんね。
学校で習ったこととクライアントの言うことが正反対のことってありますよね。そういうとき、柔軟に対応できるようにしたいなと思います。
助動詞の訳し分けは最初に指示があればやりやすかったかもしれませんが、丁寧に対応してくれる会社さんだと、こういうとき、がんばろうと思えますよね。
がんばってくださいe-271
  • posted by ミント 
  • URL 
  • 2008.06/06 11:46分 
  • [Edit]
  • [Res]

:ミントさま 

ミントさん、こんにちわ。

今回は翻訳の仕事ってこういうものか、といういろんな側面を見た気がしましたし、もっと力をつけなくちゃと思いましたv-390

私がチェックをやったのは、もちろん新人であることと、担当してたページ数が多かったせいだと思います。でも、人のお仕事を見せてもらうのは勉強になりますね。
習ったことがすべて正しいと思いがちなんですけど、それで通らないことも多々あるんですね。それって、翻訳だけのことではないような気もしますが(笑)
こういうのも、大事な経験ですね!
失敗したりうまく行かないときこそ、多くを学べるチャンスと思ってがんばりますv-217
  • posted by mistletoes 
  • URL 
  • 2008.06/06 16:14分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

きのめ

Author:きのめ
独身時代に社内翻訳を経験。
二人の子供が生まれてから、在宅で翻訳者になる道をちょっとずつ進んできました。

現在小学5年の長男、小学3年の次男の母親業も、いつになったら一人前になれるのか。。。

最近の記事

Tree-Arcive

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。