翻訳みちくさ日記~英語の仕事も子育ても

一人前の実務翻訳者になれる日を目指して、浮いたり沈んだり、私の毎日を綴ります。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

明日が楽しみ

毎朝、楽しみにしているテレビ番組があります。
それは、「わたしのあしながおじさん」。

昔やっていたのの再放送なんですが、私は昔のは見ていませんでした。
でも、「あしながおじさん」は子供のころ本で読んでいて、大方のあらすじは覚えています。
なのに、「次はどうなるの!!」ってやたら楽しみなんです(笑)

長男は8時前に学校に行ってしまいますが、
次男の幼稚園バスが来るのは9時前。
「あしながおじさん」がやってる8時~8時半は割とゆっくりできる時間です。
次男そっちのけで、私がテレビの前に陣取ってます^^;

アメリカが舞台で、主人公の女の子の手紙のやり取りもたくさん出てくるのですが、
ちらっとしか映らない手紙も、きちんと英語で内容通りに(だと思う)書かれています。
ちゃんと作っているんだなあ。。

確か、この手のアニメは「世界名作劇場」とかそんな名前で、私が子供の頃にやっていたと記憶しています。私が最初に覚えているのは「赤毛のアン」。
日曜の夜7時くらいからやっていなかったかなあ。

昔はよかった、と声高に言うつもりはありませんが、
今、こういう素晴らしいアニメがないように思います。
こないだ、たまたま翻訳のリサーチをしていて知ったのですが、
かの有名な宮崎駿や高畑勲はハイジや、マルコや、アンといった
数々の名作を手掛けていたんですね。

映画ばっかりじゃなく、テレビにもまたいい作品が現れたらいいのにな。

「あしながおじさん」はもう終盤で、予告すら流さなくなったという期待の持たせ方(笑)
子供向けとは言っても、主人公は高校生で、恋愛も大きなウエイトを占めています。
韓流ドラマを見ているような、そんなハラハラした感じですよ(大げさ?)。

なんだか、昔読んだ少女文学(?)を読み返したくなってきました^^
スポンサーサイト

Comment

 

スキン(テンプレ?)が変わりましたね。これは金平糖ですか?なつかし~!もう何年口にしてないんだろうって感じ。娘に味見させてやりたいなぁ。

ところで、「わたしのあしながおじさん」て聞いたことはあるけど、昔見ていたかどうかは定かではありません。でも、「世界名作劇場」はよく見ましたよ。あのころのアニメはよかったですよね。ひねくれ者の私はみんなが好きだった「ハイジ」よりも絶望的に悲しい「フランダースの犬」のほうが好きでした。「母をたずねて三千里」もよかったなぁ-_-(←遠い目)
  • posted by texmama 
  • URL 
  • 2008.05/28 21:45分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

ホントにおいしそうなテンプレになりましたね。私も金平糖、もう何年も食べていません(笑)

「世界名作劇場」私も良く見てましたよ。「ハイジ」はもちろん、「ふしぎな島のフローネ」とか「南の虹のルーシー」とか大好きでした。今でも時々スカパーで放送されているのですが、たまたまテレビをつけた時にやっていると、思わず見入ってしまいます。

昔読んだ少女文学と言えば、私はやっぱり「若草物語」です。小学生の頃、熱を出して休んだ日に母が本屋さんから買ってきてくれて、それから何度も何度も読み返しました。うちには女の子がいないので、子供達に買ってあげる機会はなさそうで残念です。mistletoesさんも同じでしょうか?(笑)
  • posted by Juliet 
  • URL 
  • 2008.05/28 23:11分 
  • [Edit]
  • [Res]

おおお…! 

ホントにかわいいテンプレですね。
いやー懐かしい!この手のアニメはホントによく見ていました。
フランダースの犬は高校生の頃に早朝に再放送して、毎朝泣いてから
学校に行ってました。
名作ではなく、マンガになってしまいますが
この手の話をしたら、「キャンディキャンディ」は、はずせないと思うんですが、どうでしょう?
「あしながおじさん」や「若草物語」本当に懐かしいなあ。マンガじゃない、ちゃんとした本(?)を読んだのも、このあたりからだった気がしますね。
ちなみに、私は靴のブランドの「あしながおじさん」もいまだに好きです。
  • posted by ミント 
  • URL 
  • 2008.05/29 09:34分 
  • [Edit]
  • [Res]

:texmamaさま 

texmamaさん、こんにちわ!
そうですよねえ。アメリカには金平糖ないですよね。
金平糖って、口に入れる前にまず目で和めますよね。うちは常備していて(というかなかなか減らないものです^^;)、子どもたちが晩ごはん前におやつをねだったり、お手伝いしてくれたりすると2,3粒あげています。私も一緒に食べてますが(笑)

「ハイジ」は王道ですが、「フランダースの犬」は悲しい名作ですね。大人になってみると、ネロは芸術家肌だからな…とあの繊細さを妙に納得してしまったり、「何で!!」と不遇さに憤ったり(笑)
無鉄砲にお母さんのところに向かい、いろんな人の助けを借りられるマルコのようなずうずうしさが少しでもネロにあったら…、と悔やまれてなりません。なんちゃって^^;
  • posted by mistletoes 
  • URL 
  • 2008.05/29 16:53分 
  • [Edit]
  • [Res]

:Julietさま 

Julietさん、こんにちわ!

金平糖は1,2粒で幸せになれるお菓子だと思うので、私のような食べすぎには最適なお菓子かもしれません(笑)

「若草物語」、私も読みましたよ~。
メグとかジョーとかといった外国の名前の登場人物(当たり前ですが)が出てくるのすら新鮮だったことを覚えています。その頃が私も海外の名作との出会い時期です。Julietさんが物語の世界に引き込まれて繰り返し読まれた気持ちが分かります^^
そして、Julietさんのおっしゃる通りうちに娘がいないのがとっても残念です。女の子がいたら、買ってあげたい本はたくさんあったなあ…。
  • posted by mistletoes 
  • URL 
  • 2008.05/29 17:02分 
  • [Edit]
  • [Res]

:ミントさま 

ミントさん、こんにちわ!

「キャンディキャンディ」のことを語りだしたらこのコメント欄では足りないかもしれません(笑)
大好きでしたよ~。キャンディの人形も、「看護婦さんセット」も持ってました。アニメの主題歌のイントロもすぐに出てきます(笑)もちろん、マンガも読みました。何巻のどの辺で号泣ポイントが来るか、とかそんなどうでもいいようなことまで覚えているんですよね。

しかし、マンガにしろ、あのころ読んだ名作にしろ、思い出すと、ひたむきに読んでいた自分の純粋さもよみがえる気がします。年ですね…(笑)
靴の「あしながおじさん」も、あの文字を見るとちょっとキュンと来ますね♪
  • posted by mistletoes 
  • URL 
  • 2008.05/29 17:11分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

きのめ

Author:きのめ
独身時代に社内翻訳を経験。
二人の子供が生まれてから、在宅で翻訳者になる道をちょっとずつ進んできました。

現在小学5年の長男、小学3年の次男の母親業も、いつになったら一人前になれるのか。。。

最近の記事

Tree-Arcive

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。