翻訳みちくさ日記~英語の仕事も子育ても

一人前の実務翻訳者になれる日を目指して、浮いたり沈んだり、私の毎日を綴ります。

Archive [2010年07月 ] 記事一覧

スポンサーサイト

おじゃまします

子供たちもついに夏休みに突入しましたとにかく麺類を切らすな!!を合言葉に、生ラーメンやらそうめんやら、しっかり在庫して夏休みの昼ごはんに備えるここ数日(笑)。翻訳も今時期はすっかりのんびりしたもので(要するにヒマってことで。。。)、子供たちと出かけようか、という心の余裕もしっかりあります。週末は、家族で支笏湖に出かけました。我が家はこの時期、「困ったときの支笏湖」と言わんばかりに毎年何度も訪れてい...

親の心、子は知らなくてもいいのさ

私には1つ年下の妹がいます。お互い実家を離れて、今は同じ街に暮らしているので、まだ小さい姪っ子を連れてちょくちょく遊びにきます。時々、私たちが小さかった頃の話になるのですが、お互いの意見がまるで違ってることも度々で。私が何度も繰り返し読んでたお気に入りの本。茶の間の本棚に並んでて、妹も当然読んでるもんだと思っていたのに、彼女は一度も読んでなかったり。記憶に残る大ゲンカ。覚えていることは同じだけど、...

優しさの裏には

七転八倒を繰り返した法律案件も、やっと終わりを迎えます。今回はほんとに、PCに向かうのが辛かった。翻訳をはじめて、一番辛かった。一見すると、優しそうな表情なのです。こっちも笑顔で近づいていってみたら、その優しさはどういう風にも受け取れて。「ねえ、何が言いたいの!はっきり言ってよ!!」とつかみかからんばかりの私。でも、返ってくるのはとりとめない返事ばかり…。近づいたと思ったら離れていく、そんな1カ月。な...

にわには

あいもかわらず法律にこてんぱんにやられています。あー、いい勉強になります(←負け惜しみ)。こんなとき、窓の外に広がるちょこっとある庭のお花たちのやさしさったら。「きのめさん、いかがですか」「きのめさん、大丈夫ですよ」なんて語りかけてくれているのかいないのか。北海道は冬が厳しいので、宿根草で越冬できると言えば相当タフな方々に限られます。さらに、毎年お盆を過ぎるころから、庭の主(←私)は俄然放任ですから...

ご案内

プロフィール

きのめ

Author:きのめ
独身時代に社内翻訳を経験。
二人の子供が生まれてから、在宅で翻訳者になる道をちょっとずつ進んできました。

現在小学5年の長男、小学3年の次男の母親業も、いつになったら一人前になれるのか。。。

最近の記事

Tree-Arcive

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。