翻訳みちくさ日記~英語の仕事も子育ても

一人前の実務翻訳者になれる日を目指して、浮いたり沈んだり、私の毎日を綴ります。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海のパイロット

パイロット、と言えば、飛行機を操縦するあの職業。

と思っていたのですが、もともとは海の仕事から来た言葉だそうで。

以下、Wikipediaより。
・・・
水先人(みずさきにん、英: Pilot)とは、多数の船舶が行き交う港や海峡、内海において、それらの環境に精通することが困難な外航船や内航船の船長を補助し、船舶を安全かつ効率的に導く専門家のことをいい、水先人免許(国家資格)が必要。

一般には「水先案内人(みずさきあんないにん)」と呼ばれることの方が多く、正式名称の「水先人」は法律用語、官僚用語である。
・・・

「水先案内人」と言ったら日本史で習った「三浦按針」が反射的に出てきてしまう私ってどうかと思うんですが(^_^;)、そのくらい、あまりなじみのない職業でした。

ですが調べていくとスペースが限られた港の中で、巨大な船を岸に付ける大変な技術のいる仕事だということがわかってきました。


先日扱った契約書は、船で荷物を運ぶ、という内容。当然、船舶関係の言葉もたくさん出てきます。
契約書は基本的には作りが似ているので、最初はとっつきにくいかもしれませんが慣れてくるとなじめる部分も多いものです。
でも、どういう背景の契約なのかは千差万別。

契約書は文章が長い、固い、確かにそうかもしれませんが、その向こうで動いている人たちのことを想像して文章を書いていくことが大事だと思っています。
「こういう事が起きたら、こう対処する」、という取り決めですから、たとえば今回ならどんな大きさの船で、どんなものを運んで、到着したら水先人が乗り込んで、接岸して、荷揚げして。。と考えてみるわけです。

普段から見聞を広めておくこと、ネットの記事でも、書籍でも、日本語で読んでおくことが大事だと思います。

スポンサーサイト

文章がいいから

どこかの大学入試の現代文の問題でたまたま見かけて興味が湧いて、読みました。

リスク―制御のパラドクスリスク―制御のパラドクス
(2002/01)
土方 透、アルミン ナセヒ 他

商品詳細を見る


「リスク」は今となっては日常的に聞く言葉。
翻訳でも、「リスク」とするか「危険」とするか、考える。
少々難しい内容でも深く知りたかったのは確かだけれど、何と言ってもこの土方 透という人の文章にはとてもひきつけるものがあり、試験問題の抜粋では物足りなかったのでした(笑)

もちろん、中身は固めです(でもわかりやすい)。けれど、文章が良いとどんどん先を読みたくなる、リスクについて深く知りたくなってくる。そして当然、よくわかってくる。

文章の質は分野を問わないな、契約書だってなんだって、いい文章書きたいな、と改めて思いました。

何人もの筆者の文章が寄せられているので、土方さん以外のものは正直うーんよくわかんない、っていうものもあったけど。


リスク、不確定要素、こういうことを考えていくうちに、「セレンディピティ」についても読んでみなくては、という気持ちになってきた。
こちらについてはまだ良さそうな本を見つけられていない。

復興税はいつから?

税金のことでもうひとつ、気になっていたことが。

特別復興税です。
今年の1月1日から、所得税のほかに源泉徴収される税金です。
震災の復興目的で新設されました。
気になる方はこちらをどうぞ。

で、これ、1月1日以降に支払われる給与や報酬にかかるものなので、今回の確定申告には関係ないはずなんですよね。
でも、12月の翻訳会社からの明細を見ると、2社からこの復興税が引かれてました。
12月発生、1月支給分は、対象にならないはずなんですけど。

すっごく気になって、知り合いの税理士さんに聞きました。
その税理士さんは、念のため税務署にも確認を取ってくれました。

結果、やっぱり12月から源泉徴収するのは間違ってる、ということだそうです。

もちろん、確定申告でこれも還付の対象になりますよね。

復興目的で税金を使うのはよいと思いますけど、
こんな感じでフライングしてるところもあるし、
特に話題にもならないうちにさらーっと流れていってませんかねー。

確定申告の締め切りが…

しばらく更新もしておりませんでした。
忘れていたわけじゃないのですが。。

確定申告シーズン(もう終わりに近づいてますが)ということもあり、
申告のことでここを訪れてくれる方もちらほらいらっしゃるようです。

今年はまだ、自分の申告終わっていません。。
毎年のことですが、年度末は翻訳の依頼が重なったりして
なかなか確定申告の処理に手が回らないものです。
「年明けくらいにさっさとやればいいのだ」と毎年思う。
そして毎年何もせず3月が来る…orz

私は、取られ過ぎた税金を返してもらう、「還付申告」なので、
申告期限の3月15日を過ぎて申告しても、還付金の振り込みが遅れるだけで
還付金がもらえない、ってことにはならないようです。

だからと言って、遅れていいとは思わないですが…。
今年はどうかなー、間に合うだろうか。

言わなくてもいいよ

頻繁に更新はできないけれど、
せめて広告が出る前に新しい記事をUPしたかった。。。(ふと見たらもう出されてた)

長男5年生、次男3年生。
最近長男とぶつかることが多いです。
夏休みで顔を合わせてる時間が長いせいもあるかもしれません。

長男は、いわゆる長男タイプ。
おっとりしてて、優しいけれど、優柔不断なとこも多々あり。

怒られたり、緊張したりする場面に遭遇すると、必ず動かなくなってしまう。
ちょっと強い口調で詰め寄ると、黙り込む。
「黙っててもわかんないよ、言わなきゃ分かんないでしょ」
こっちの口調がきつくなれば、なおさら何も言わない。何もしない。

その態度に、さらにいらっとする。またきついことを言ってしまう。

でも、親としては「言わなきゃわかんないよ」はダメなんだと思います。
長男が自分の気持ちを言葉にできないとしたら、
それはそれとして受け取ってやらなくてはならないのだ、
今答えを求めなくてもいいのだと、頭では思うのですが。
あーあ、我慢が足りない母さんです。

こんなやりとりがあったのに、明日のお出かけの予定を話していると
「お母さん、後で来てくれるよね?来るよね?」

こんなお母さんでもいいんだね?ありがとう。

ご案内

プロフィール

きのめ

Author:きのめ
独身時代に社内翻訳を経験。
二人の子供が生まれてから、在宅で翻訳者になる道をちょっとずつ進んできました。

現在小学5年の長男、小学3年の次男の母親業も、いつになったら一人前になれるのか。。。

最近の記事

Tree-Arcive

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。